トッテナム守護神、ソン・フンミンに怒りの叱責。「プレスをかけずピンチを招いた」

2020年07月07日(Tue)17時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

ウーゴ・ロリス、ソン・フンミン
【写真:Getty Images】

 イングランド・プレミアリーグ第33節のトッテナム対エバートン戦が現地時間6日に行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利を収めた。この試合のハーフタイムには、トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスと韓国代表FWソン・フンミンが激しく衝突する一幕もあった。

【今シーズンのトッテナムはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 前半に先制したトッテナムは1-0のリードでハーフタイムを迎える。だが選手たちがドレッシングルームへ引き上げようとするところで、ロリスはソン・フンミンに向かって駆け寄り、腹を立てた様子で何らかの言葉をかけつつ肩を押した。周囲のチームメートたちが割って入って止めなければならない状況だった。

 ロリスは試合後に、この一件について英『スカイ・スポーツ』でコメント。「外側からは何とでも言えるが、こういうこともサッカーの一部だ。試合後の様子を見てのとおり、問題は全く何もない」と主張した。

 その上で、怒りの理由がソン・フンミンのプレーにあったことも明かした。「ハーフタイム直前に、プレスをかけなかったところからチャンスを作られたことに苛立った」と、前半終了間際に危ないシュートを打たれた場面に言及している。

 ジョゼ・モウリーニョ監督は選手間の衝突を問題視することはなく、試合後に「美しいことだ」とコメント。選手たちに対してはミーティングでお互いへの要求を強めるよう指示していたため、その結果によるものだとして歓迎し、「誰かを責める必要があるとすれば私だ」と語った。

【了】

新着記事

↑top