欧州各国クラブ、主要移籍まとめ。ビジャレアル加入の久保建英が登場! その能力値とは?(9)

欧州主要リーグでは夏の移籍市場がオープンしている(イタリアは9月より)。すでに多くの実力者が移籍を決めており、新天地でのプレーには大きな注目が集まっている。今回フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちを様々なデータを参照した能力値とともに紹介していく。今回はベン・チルウェル、ペドロ・ロドリゲス、マラング・サール、ピエール・カルル、そして久保建英の5人。(移籍金などは『transfermarkt』を参照)。

2020年08月31日(Mon)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

プレミア屈指のサイドバック

ベン・チルウェル
ベン・チルウェルの能力値や19/20リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

DF:ベン・チルウェル(イングランド代表)
生年月日:1996年12月21日(23歳)
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)
19/20リーグ戦成績:27試合出場/3得点3アシスト(レスター)
移籍先:レスター→チェルシー
移籍金:5020万ユーロ(約60.2億円)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 レスターの下部組織出身であるベン・チルウェルは、ハダースフィールドへのレンタルも経験しながら順調に成長を果たし、2017/18シーズンよりファーストチームでポジションを掴んだ。それ以降もレスター不動の左サイドバックとして奮闘。スリーライオンズにも継続的に名を連ねるようになった。

 そんな23歳のDFは多くのビッグクラブから注目を集めていたが、新天地はチェルシーに決まった。同クラブは26日、イングランド代表レフティーと5年契約を締結したことを発表。移籍金は5020万ユーロ(約60.2億円)となっているようだ。

 左サイドバックのチルウェルは「スピード」を武器に持っており、鋭いオーバーラップで攻撃に奥行きをもたらすことを可能としている。また、高質なクロスでチャンスを生んだりロングフィード等を活かしてビルドアップにも貢献するなど、足元の技術も極めて高い選手である。

 デビュー当初は課題と言われていた「フィジカル」や1対1の対応も、プレミアリーグという世界最高峰のリーグで揉まれたことで着実に向上。より隙のない選手になりつつある。左SBの人選に悩んでいたチェルシーにとっては、大きな補強になったと言えるだろう。

【次ページ】セリエA初挑戦へ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top