プレミアリーグ最高のサイドバックは誰だ! サッカー選手SB能力値ランキング1位~5位。リバプールの両翼に食い込む猛者は?(19/20シーズン確定版)

2020年09月04日(Fri)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

1位:上下動し続けるリバプールの片翼

EnglandSB01
アンドリュー・ロバートソンの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

DF:アンドリュー・ロバートソン(スコットランド代表/リバプール)
生年月日:1994年5月11日(26歳)
市場価格:6400万ユーロ(約76.8億円)
今季リーグ戦成績:36試合出場/2得点12アシスト

 右サイドの相棒を上回ってトップに立ったのは、リバプールの左サイドバックだった。2シーズン連続で2ケタアシストをマークするアンドリュー・ロバートソンは、リバプールの攻守に替えの利かない存在となっている。

 スコットランドのグラスゴーに生まれたロバートソンは、14/15シーズンにハルシティに加入した。3シーズンで降格と昇格を経験し、17年夏にリバプールに移籍。当初はジェームズ・ミルナーに定位置を譲っていたが、開幕から4か月を経てレギュラーに定着している。

 豊富な運動量と優れた対人守備でボールを奪うと、勢いそのままスプリントして攻め上がっていく。左足のキックの精度も高く、GKとDFの間に入れるアーリークロスで幾度となくゴールをアシストしている。今季からはコスタス・ツィミカスというライバルが加入したが、ロバートソンの立場は揺るがないだろう。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top