プレミアリーグ最高のサイドバックは誰だ! サッカー選手SB能力値ランキング1位~5位。リバプールの両翼に食い込む猛者は?(19/20シーズン確定版)

世界各国から選手が集うイングランド・プレミアリーグで最高のサイドバックは誰か? フットボールチャンネル編集部では、各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたプレミアリーグ所属選手のランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

2020年09月04日(Fri)7時00分配信

シリーズ:19/20能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

5位:マンCのスプリンター

EnglandSB05
カイル・ウォーカーの能力値や今季リーグ戦成績など【写真:Getty Images】

DF:カイル・ウォーカー(イングランド代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1990年5月28日(30歳)
市場価格:4000万ユーロ(約48億円)
今季リーグ戦成績:29試合出場/1得点4アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 17年夏にマンチェスター・シティに加入したカイル・ウォーカーは、3シーズンで6つのタイトル獲得に貢献した。身体能力と戦術理解力を兼ね備えた右サイドバックは、シティに欠かせない存在として輝いている。

 トッテナムには19歳のときに加入した。他クラブでの武者修行を経て、11/12シーズンにリーグ戦37試合に出場して定位置を確保。以降はトッテナムの中心選手として活躍し、イングランド代表でもこれまで48試合に出場している。

 ウォーカーの最大の魅力は「スピード」だ。90分間、右サイドを上下動できるスタミナと、当たり負けしない「フィジカル」を搭載し、1対1では無類の強さを誇る。ペップ・グアルディオラ監督の下ではポジショニングが飛躍的に向上し、ビルドアップや攻撃参加でも高いパフォーマンスを見せている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top