堂安律、古巣対決で「ロッベンと対戦したかった」 同時にはピッチに立てず

2020年09月08日(Tue)19時32分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

堂安律
【写真:Getty Images】

 ドイツ1部のアルミニア・ビーレフェルトに所属するMF堂安律は、古巣フローニンゲンとの練習試合を終えて思いを語った。『FOXスポーツ』による試合後のインタビューをフローニンゲン公式ウェブサイトが伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 オランダのPSVからのレンタルでビーレフェルトに加入することが5日に発表された堂安。その翌日の6日にいきなり訪れた実戦デビューの機会は、昨夏にPSVへ移籍するまで所属していた古巣フローニンゲンとの試合だった。

「今日は僕にとって特別な1日でした。ビーレフェルトの選手として最初の試合でしたし、相手は古巣として特別なクラブであるフローニンゲンでしたので」と堂安。試合については「後半45分間プレーできて、良いフィーリングでした」と話している。

 この試合では、現役復帰に向けてフローニンゲンに加入した元オランダ代表のアリエン・ロッベンが復帰後初ゴールを挙げたことに大きな注目が集まった。前半の45分間プレーしたロッベンと堂安が同時にピッチに立つことはなく、「もちろん彼はトップレジェンドなので。一緒に戦いたかったです」と堂安はコメントしている。

 フローニンゲンに所属する元チームメートのDF板倉滉とも再会する機会となった。「時々連絡は取っていますが、電話はこちらからかけるだけです。彼は僕のことが嫌いなので」と冗談を飛ばしつつ、「今はコロナであまり会えないですが、また会えるようになることを願っています」と続けた。

 オランダの強豪からドイツの昇格組への移籍については「残るのか行くのかすごく悩みました」と明かしつつ、「ブンデスリーガはすごく大きなコンペティション。今はこの決断に集中しています」と堂安は新天地でのプレーに専念する姿勢を示した。

【了】

新着記事

↑top