大荒れ退場のネイマール、相手の人種差別を非難。「顔面を殴らなかったのが心残り」

2020年09月14日(Mon)9時48分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

ネイマール
【写真:Getty Images】

 リーグアン第3節のパリ・サンジェルマン(PSG)対マルセイユ戦は、終了間際に両チームの合計5人がレッドカードを受けるという大荒れの展開となった。PSGのFWネイマールは相手選手から人種差別を受けたと訴えている。

【今シーズンのPSGの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マルセイユのDF酒井宏樹も出場したフランス伝統の一戦は、アウェイのマルセイユが1-0で勝利。その後半アディショナルタイムには、両チームの選手が入り乱れての乱闘騒ぎがぼっ発した。

 ボールのないところでのファウルを発端とした乱闘の中で、両チームの2人ずつが退場。さらにネイマールもマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴っていたことがVARで確認され5人目の退場者となった。ネイマールは前半からアルバロと口論になり、第四審判に向けて「人種差別、ノー」と訴えかける場面もあった。

 試合後には、ネイマールは公式ツイッターアカウントでメッセージを投稿。「あいつの顔面を殴らなかったのが唯一の心残りだ」と過激な言葉を繰り出した。

 さらにネイマールはコメントを続け、「VARがオレの“攻撃”を見つけるのは簡単だが…オレのことを“サル、娼婦の息子”と呼んだ人種差別主義者の映像を見たい。どうなる? オレは退場になったが…あいつらは?」と、相手からの人種差別的な罵倒を受けたとして非難している。

【了】

新着記事

↑top