異例の7年契約。エクアドルの超攻撃的左SB

ペルビス・エストゥピニャン
【写真:Getty Images】

ペルビス・エストゥピニャン(エクアドル代表/背番号15)
生年月日:1998年1月21日(22歳)
19/20リーグ戦成績:36試合出場/1得点6アシスト(オサスナ)


【今シーズンの久保建英はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 一昨季は2部時代のマジョルカ、昨季はオサスナで猛威を振るった超攻撃的左サイドバックだ。母国エクアドルでは南米制覇とFIFAクラブワールドカップ準優勝の実績がある名門LDUキト出身で、18歳の時にウディネーゼに見出されてイタリアへ渡った。

 その後はウディネーゼと同じオーナーが持つグラナダのBチームを経て、こちらも同じオーナーが所有するワトフォードに保有権が移った2017/18シーズンからはレンタル生活に。アルメリア、マジョルカと順調にステップアップして、昨季所属したオサスナでブレイクを果たした。

 何と言っても魅力は豪快な攻撃参加と高速クロスで、昨季はラ・リーガ1部で6アシストを記録。挑発的なまでに高いポジションを取り、自らサイドを深くえぐってクロスを上げる姿は爽快だ。守備で穴を空けがちだが、それを補って余りある攻撃性能を誇る。アルベルト・モレノの長期離脱が決まったが故の獲得とはいえ、ビジャレアルが7年間という異例の超長期契約を結んだのは期待の表れに違いない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top