南野拓実の代表連続得点は5試合でストップ

日本代表【日本サッカー協会】
【写真:日本サッカー協会】

【日本 0-0 カメルーン 国際親善試合】

 国際親善試合、日本代表対カメルーン代表の試合が9日に行われた。試合は0-0の引き分けに終わっている。

 今回のオランダ遠征で日本代表は史上初の“オール欧州組”で試合に臨んだ。大迫勇也や南野拓実、堂安律などが先発起用され、ビジャレアルでプレーする久保建英はベンチスタートになっている。

 14分、カール・トコ・エカンビのクロスにカメルーンのムミ・エンガマルが頭で合わせるがヘディングシュートはゴール上に外れた。対する日本も19分、南野が左足を振り抜いてシュートを放つがカメルーンのGKファブリス・オンドアに止められる。22分にも南野にチャンスが訪れるが相手に防がれた。

 49分には、相手のミスを突いた伊東純也が右サイドを駆け上がりゴール前に向けてクロス。そのボールに大迫が合わせるがゴール右に外してしまう。日本に幾度もチャンスはあったが決められず、試合は0-0の引き分けに終わった。この結果、南野の代表連続得点は5試合でストップしている。

【得点者】
なし

【了】

新着記事

↑top