日本代表の「オール海外組」に割って入るJリーガーは? ポジションごとに筆頭候補者をピックアップ

2020年10月10日(Sat)10時00分配信

photo JFA
Tags: , , , , , , , ,

GK、DF

20201009_daihyo_jfa
【写真提供:日本サッカー協会】

【日本 0-0 カメルーン 国際親善試合】

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 日本代表は9日、オランダ・ユトレヒトで行われた国際親善試合・カメルーン代表戦に挑み、システム変更などを行いながらも0-0で引き分けた。次のコートジボワール代表戦には少なくない課題を抱えたまま臨むことになりそうだ。

 さて、この10月シリーズだが、森保一監督は帰国後2週間の隔離措置をとらなくてはならない国内組の招集を見送っている。そのため、ご存じの通り今回の招集メンバーは全員がヨーロッパでプレーする選手に。これは史上初のことだ。

 また、今回招集を受けたメンバー以外にも欧州でプレーする日本人選手が多数存在するのも事実。レベルの高い舞台で経験を積むサムライがこれだけ増えているのは、日本代表にとっては貴重以外のなにものでもない。

 しかし、だからといってJリーグ組が森保ジャパンに割り込めないという意味では当然ない。国内でも十分なレベルで試合を重ねている選手は多い。では、現状のパフォーマンスを考えて「海外組」と争えるのは誰か。ここからはポジションごとに紹介していきたい。

 GKは川島永嗣、権田修一、シュミット・ダニエルの3名だが、絶対的と呼べる守護神がいないのが事実。東京五輪世代の大迫敬介や日本代表招集経験を持つ東口順昭、中村航輔らは十分に割って入ることが可能だろう。このポジションに関しては一気にファーストチョイスに躍り出る可能性も否めない。

 センターバックは冨安健洋と吉田麻也が不動。彼らの牙城はそう簡単には崩せない。そのバックアップは植田直通と板倉滉だが、ここに入るJリーガーは三浦弦太や畠中槙之輔といったあたりになるだろう。また、ロシアワールドカップで主力として活躍した昌子源もフィジカルの強度やカバーリングの上手さは代表クラス。今後に復帰を果たしてもおかしくはないだろう。

 右サイドバックは酒井宏樹が不動。バックアッパーは室屋成や菅原由勢らになるが、インパクトは残せていない。そこへ国内組から割って入れるのは川崎フロンターレの山根視来だろうか。

 山根は今季より加入した川崎Fで評価をぐんぐん伸ばしている。攻撃の質に関しては室屋や菅原にも決して劣らないだろう。また、湘南ベルマーレ在籍時に3バックを経験している点も大きい。守備の強度に関しどれほど世界と渡り合えるかは未知数だが、そういった部分を見出すためにも右SBの新たな候補に入れても面白いかもしれない。

 左サイドバックも右同様にファーストチョイスは堅い。長友佑都だ。その控えは安西幸輝になるが、カメルーン代表戦のパフォーマンスを見る限り物足りなさは否めない。欧州組ではシント=トロイデンの松原后などもいるが、やはりここも国内組の台頭がほしいポジションの一つである。

 Jリーグでのパフォーマンスを考え割って入る可能性があるのは鹿島アントラーズの永戸勝也か。同選手の左足は世界を相手にもかなり大きな武器となるだろう。また、30歳という年齢はネックだが、名古屋グランパスの吉田豊も悪くない。サイズと経験値を考えれば、川崎Fの車屋紳太郎もポスト長友の候補と言えるだろう。

MF、FW

 続いてはボランチだ。まず、森保ジャパンの中で柴崎岳は不動。その相方は遠藤航、カメルーン代表戦で先発した中山雄太、ロシアでプレーする橋本拳人のいずれかが務めることが多い。

 ただ、このポジションは国内組にも良い選手が多数存在する。Jリーグ復帰後ハイパフォーマンスを見せる井手口陽介、川崎Fを支える「天才」大島僚太、日本代表経験のある守田英正に山口蛍、今後の成長楽しみな田中碧、鹿島には不可欠な三竿健斗。彼らはいずれもポジション争いに加わる可能性が高い選手とみていいだろう。森保監督にとってもうれしい悩みとなるはずだ。

 右サイドハーフには久保建英と伊東純也がいる。彼ら二人の存在は今の日本代表にとってかなり大きい。しかし、カメルーン代表戦でもノーインパクトに終わった堂安律はかなり厳しい立場。そろそろ新しい選手が欲しいところだ。

 Jリーグ組から候補を挙げるならば、ヴィッセル神戸の韋駄天・古橋亨梧。スピードと力強さを合わせた推進力、そしてパワフルなシュートは魅力だ。また、キレキレなドリブルを披露する前田直輝、3バック採用時にはウイングバックとしても十分機能する小野瀬康介もポジション争いに割って入るだけの力はある。

 左サイドハーフは中島翔哉や原口元気、三好康児などがいる。その他にも浅野拓磨がおり、ここ最近は招集から遠ざかっているが乾貴士も左が得意だ。層は決して薄くない。

 ただ、そこに割って入るだけのポテンシャルを見せている男が川崎Fにいる。三笘薫だ。川崎F下部組織出身で筑波大学を経てチームに戻ってきた23歳は、そのキレキレなドリブルを武器にJリーグで旋風を巻き起こしている。現在の勢い、そして将来性を考えても、欧州でプレーする選手たちと張り合わせる意味は決して小さくないだろう。

 また、30歳と若さはないが、セレッソ大阪の清武弘嗣は経験値、実力ともに申し分ない存在。サイドで魅せる豊かな創造性は原口、中島をも超えるほどのものが備わっていると言えるだろう。

 トップ下は南野拓実の他に久保、鎌田大地など年齢的にも申し分ない選手が揃っている。ここへ割り込むのは容易ではないが、柏レイソルの江坂任はJリーグで代表クラスの輝きを放っている。多彩な形で攻撃にアクセントを加えられるこの男の存在は、面白いと言えるだろう。

 問題は大迫勇也のいるCFだ。森保ジャパンはあくまで2列目が主役なので、黒子役に徹することができる選手が好ましいが、これがなかなか難しい。Jリーグでプレーする永井謙佑も小林悠も上田綺世も、日本代表ではなかなか力が発揮できないだろう。やはりここは人材不足と言えるだろう。

 と、ここまでポジションごとに紹介してきたが、ハッキリとしているのは、やはり海外組の壁は高いということだ。その「壁」をぶち破るJリーガーの登場に期待したい。

【了】

新着記事

↑top