柴崎岳、バルセロナ相手に決めた衝撃ボレー!ラ・リーガ公式がヘタフェ時代のゴールを紹介

2020年10月14日(水)17時51分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

柴崎岳
【写真:Getty Images】

 レガネスに所属する日本代表MF柴崎岳が、ヘタフェ時代に決めたバルセロナ戦のボレーシュートを英語版のラ・リーガ公式ツイッターが紹介している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 柴崎は2017年7月にテネリフェからヘタフェへ完全移籍。加入当初から背番号10を背負った。柴崎は同年9月に行われた第4節のバルセロナ戦に先発。この試合の40分に衝撃的なゴールが生まれた。

 右サイドのクロスからマルケル・ベルガラが柴崎にヘディングで落とす。そのボールを柴崎が左足ダイレクトボレー。ボールはゴール右に吸い込まれた。このゴールは、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの無失点記録を破るゴール。まさに衝撃的なゴールとなった。

 柴崎は鹿島アントラーズ時代にもクラブワールドカップでレアル・マドリードからゴールを奪っており、バルセロナとマドリーの両方から得点を奪った初の日本人選手となった。英語版のラ・リーガ公式ツイッターが「ガクアタック」と題し、このゴールを紹介している。

1 2

新着記事

↑top