UEFA、4年後にCLを36チームに拡大も? 大会方式は2つのプラン【欧州CL】

2020年10月20日(Tue)23時43分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

UEFAチャンピオンズリーグ
【写真:Getty Images】

 欧州サッカー連盟(UEFA)は、現在32チームで開催されているUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を将来的に36チームに拡大する可能性についても検討を開始しようとしているという。英紙『テレグラフ』が19日付で伝えた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 現在のCLは、予選を突破したチームも含めて32チームが本大会グループステージを戦う。放映権契約により2024年までは現行の方式での開催が確定しているが、2024/25シーズン以降の大会方式変更が議論される可能性があるとされている。

 36チームによる大会方式としては2つのプランがあるとのこと。ひとつは6チームずつ6つのグループに分かれ、各チームが2回総当たりで計10試合のグループステージを開催。グループ上位2チームと3位の成績上位4チームの計16チームが決勝トーナメントへ進む。

 もうひとつの案は、36チームをグループに分けることなく、シード方式を用いてレベルの近い相手との対戦を各チーム10試合開催。10試合を終えての総合成績上位16チームが決勝トーナメントへ進むという方式だという。

 後者の方式ではグループステージからビッグクラブ同士の対戦が多く組まれることになり、収益増加が期待できるとされている。クラブ最高峰の大会に大きな改革が行われる可能性もあるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top