ウェイン・ルーニー
【写真:Getty Images】

 英2部のダービー・カウンティは現地時間14日、フィリップ・コクー監督の退任を発表した。英『スカイ・スポーツ』などは、暫定指揮官としてFWウェイン・ルーニーが監督を務めることになると報じた。

【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ダービーは現在、英2部リーグで11試合を消化してわずか1勝。最下位に低迷している。2019年夏にダービーにやってきたコクー監督は、クラブとの話し合いの末、双方合意による退任が決まった。

 クラブは現時点で後任についての発表をしていない。ただ、コクー監督をサポートしていたアシスタントコーチのクリス・ファン・デル・ウィーデン氏なども退任が決まった。

 これを受けて、ダービーは主将のルーニーに新たな役割を要請したという。

 ルーニーは『PA通信』に対して「フィリップと彼のスタッフが去ったことを残念に思う」とコメント。「今大事なことはクラブを安定させ、順位を上げ始めることだ。僕は次の土曜日のブリストル・シティ戦に向けたチームの準備を助けるために、コーチングスタッフの一員になることを求められた」と明かしている。

 元イングランド代表のルーニーは現在35歳。監督就任となれば、もちろん自身初のことだ。

【了】

新着記事

↑top