エクトル・エレーラ
【写真:Getty Images】

 メキシコサッカー連盟が16日、メキシコ代表に招集されていたアトレティコ・マドリード所属の30歳MFエクトル・エレーラが負傷のため代表を離脱したと発表。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 メキシコサッカー連盟の発表によると、エレーラは左太ももの大腿二頭筋に怪我をしたという。18日に行われる日本代表との国際親善試合を欠場することが確定し、一足先にクラブへ戻ることになった。

 エレーラは現地時間14日に行われた国際親善試合の韓国代表戦に出場せず。その試合後にメキシコ代表を率いるヘラルド・マルティーノ監督はエレーラについて言及し「(エレーラとジョナタン・ドス・サントスは)2人とも難しい」と語り、日本戦の欠場を示唆していた。その言葉通り、正式にエレーラの日本戦欠場が決定している。主力選手を欠いたメキシコだったが、韓国戦では3-2の勝利をおさめていた。

【了】

新着記事

↑top