0-2敗戦のリバプール。クロップ監督が過密日程に皮肉「土曜日の12時半に試合は犯罪同然」「この結果とは関係ないが、おめでとう」【欧州CL】

2020年11月26日(Thu)8時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

ユルゲン・クロップ
【写真:Getty Images】

【リバプール 0-2 アタランタ CLグループD組第4節】

 チャンピオンズリーグ(CL)グループD組第4節、リバプール対アタランタの試合が現地時間24日に行われ、リバプールが0-2の敗戦を喫している。試合後の会見でリバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が過密日程に言及した。25日に英メディア『BBC』が報じている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 リバプールはモハメド・サラーやサディオ・マネ、ディヴォック・オリジなどを先発起用した。得意のアンフィールドでの試合となったが、なかなかチャンスが作れない展開に。そして、アタランタのヨシップ・イリチッチとロビン・ゴセンスにゴールを決められ0-2の敗戦を喫している。同メディアのデータによれば、合計シュート数は4本でゴール枠内に飛んだシュートは0本だったという。

 クロップ監督が試合を振り返り「難しい試合で敗れることもある。審判があまり笛を吹かなかったことで、双方にとってより困難になった。信じられないほど激しかったため休憩が必要だ」と語った。一方で過密日程にも触れ「我々は土曜日の12時半に試合を行うよう要求されている。これは犯罪同然だ。この試合結果と関係ないが、おめでとう祝福するよ。怪我人もいないし行こうか」と、語っている。

【了】

新着記事

↑top