PSG対バシャクシェヒルが中断。ピエール・ウェボ氏に対する人種差別発言か?【欧州CL】

2020年12月09日(水)6時07分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

PSG対バシャクシェヒル
【写真:Getty Images】

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループH第6節、パリ・サンジェルマン(PSG)対イスタンブール・バシャクシェヒルが現地時間8日に行われた。しかし試合は20分過ぎに中断となった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 PSG、ライプツィヒ、マンチェスター・ユナイテッドの3チームが勝ち点9で並ぶ大混戦となっているグループH。他会場の結果、またこの試合の結果も順位に影響するが、試合が一時中断となっている。

 20分、ベンチにいたバシャクシェヒルのアシスタントコーチであるピエール・ウェボ氏に対して主審がレッドカードを提示。だが、ウェボ氏やデンバ・バなどが猛抗議。その後、両チームの選手・スタッフがロッカールームに戻り、試合は一時中断となった。

 バシャクシェヒルの公式ツイッターは、ウェボ氏は人種差別的発言を受けたが、レッドカードを提示されたと明かしている。

 ライプツィヒ対ユナイテッドの試合が同時刻に行われているが、PSG対バシャクシェヒルの結果もグループの順位に大きく影響する。PSGにとって決勝トーナメント進出がかかる一戦ではあるが、このまま中止となると勝ち点などの扱いはどうなるのだろうか。

【了】

新着記事

↑top