アンへリーニョ
【写真:Getty Images】

 先週末に年内の試合日程を終え、短いウィンターブレイクに入ったドイツのブンデスリーガ。リーグ公式ツイッターアカウントでは、昨季後半戦も含めた今年1年間に記録された直接フリーキックによるゴールのベストテンを選出して紹介している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今年はドイツでも3月から5月にかけて新型コロナウイルス感染拡大によるリーグ中断を余儀なくされ、再開後も無観客試合が続くなど他国と同じく前代未聞の困難な1年間となった。それでもリーグ戦は無事に年内の日程が消化され、数々のスーパーゴールも生まれている。

 GKにとって届きようのないコースに正確にボールを送り込んだシュートから、壁の間を強引にブチ抜いたシュートまで、どのゴールもトップレベルのクオリティー。非常に見応えあるゴール集となっている。

 ヴォルフスブルクのMFマクシミリアン・アルノルトとシャルケのFWマルク・ウートの2人はそれぞれ2本のゴールがランクイン。今年1年のブンデスリーガでも特に優れたFKキッカーとして力を発揮した選手たちだったと言えるかもしれない。

 見事1位に選ばれたのは、RBライプツィヒのスペイン人DFアンへリーニョが今年11月のフライブルク戦で記録したゴール。エリア手前右寄りの遠距離から、左足で壁の上を越えて曲がるボールをゴール右隅へ鮮やかに突き刺したものだった。

1 2

新着記事

↑top