世界最高額のストライカーは誰だ? サッカー選手FW市場価値ランキング16~20位。司令塔、偽9番…様々な個性を持つFWたち【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いFWは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月15日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2021年01月16日(Sat)8時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

0116FWValue16-20_getty
【写真:Getty Images】

 様々なキャラクターを持つFWがランクインしている。パウロ・ディバラ(20位)やミケル・オヤルサバル(18位)は10番タイプのチャンスメイカー。ベルナルド・シウバ(19位)も同じ左利きだが、こちらは低い位置でゲームメイクに関わるプレーも得意なタイプと言えるだろう。インテルでロメル・ルカクと2トップを形成するラウタロ・マルティネス(17位)はオールラウンドなFWで、ロベルト・フィルミーノ(16位)は偽9番とも呼ばれるプレーで存在感を放っている。

【今シーズンの海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

20位:パウロ・ディバラ

(アルゼンチン代表/ユベントス)
生年月日:1993年11月15日(27歳)
市場価値:7000万ユーロ(約84億円)
今季リーグ戦成績:11試合出場/2得点2アシスト

19位:ベルナルド・シウバ

(ポルトガル代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1994年8月10日(26歳)
市場価値:7000万ユーロ(約84億円)
今季リーグ戦成績:10試合出場/0得点0アシスト

18位:ミケル・オヤルサバル

(スペイン代表/レアル・ソシエダ)
生年月日:1997年4月21日(23歳)
市場価値:7000万ユーロ(約84億円)
今季リーグ戦成績:14試合出場/7得点4アシスト

17位:ラウタロ・マルティネス

(アルゼンチン代表/インテル)
生年月日:1997年8月22日(23歳)
市場価値:7000万ユーロ(約84億円)
今季リーグ戦成績:17試合出場/9得点4アシスト

16位:ロベルト・フィルミーノ

(ブラジル代表/リバプール)
生年月日:1991年10月2日(29歳)
市場価値:7200万ユーロ(約86億円)
今季リーグ戦成績:17試合出場/5得点3アシスト

【了】

新着記事

↑top