世界最高額のGKは誰だ? サッカー選手GK市場価値ランキング1~5位。世界最高の第2GKとは?【2021最新版】

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いDFは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングを紹介する。※成績は1月18日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2021年01月19日(Tue)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:10代で名門の正GKに

0119Donnarumma_getty
【写真:Getty Images】

GK:ジャンルイジ・ドンナルンマ(イタリア代表/ACミラン)
生年月日:1999年2月25日(21歳)
市場価値:6000万ユーロ(約72億円)
今季リーグ戦成績:16試合出場/16失点


【今シーズンの海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 16歳のときにセリエAデビューを果たしたジャンルイジ・ドンナルンマは、名門ACミランの守護神として君臨している。17歳でデビューを果たしたイタリア代表では、ファーストネームが同じジャンルイジ・ブッフォンの後継者としてもプレー。順調にいけば21歳でセリエA200試合出場も可能な位置につけている。

 196cmの長身と長いリーチを活かしたセービング技術はワールドクラスで、PKストップも得意としている。足下の技術がそこまで高いわけではないが、課題とされていたビルドアップにおける確実性は年々向上している。

 伊メディア『ガゼッタ・デロ・スポルト』による推定年俸は600万ユーロ(約7億2000万円)。21歳ながらチームではズラタン・イブラヒモビッチに次ぐ2番目の高給取りとされている。今夏で契約が切れるドンナルンマとミランの契約延長は近づいており、イブラヒモビッチと並ぶ700万ユーロ(約8億4000万円)の年俸が提示されているとも報じられている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top