イブラヒモビッチ、“冬の王者”は「意味がない」。0-3敗戦に不満

2021年01月24日(Sun)9時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

ズラタン・イブラヒモビッチ
【写真:Getty Images】

 ミランは現地時間23日のセリエA第19節でアタランタと対戦し、0-3で敗れた。FWズラタン・イブラヒモビッチは、首位維持よりも、この敗戦を嘆き、早く切り替えることが重要だと述べている。イタリア『スカイ』でコメントを残した。

【今シーズンのACミランはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ミランはアタランタに完敗といえる内容で屈した。それでも2位のインテルが、同時刻開催のウディネーゼ戦を引き分けで終えたため、ミランは首位を維持。前半戦の首位チームを指す“冬の王者”に輝いた。

 冬の王者について問われたイブラヒモビッチは、「今は負けて落胆しているときだからね。何の意味もないよ。まだ半分だ。ここまでは良い結果だったけど、まだ途中だってことだね」と述べた。

「言い訳はしたくない」と語るイブラヒモビッチだが、この日のチームのパフォーマンスには不満があった様子だ。相手MFヨシプ・イリチッチの活躍について問われると、「時間を与えすぎた。ちょっと親切になりすぎだったよ。もっとゴールを決めることだってできただろうね」と、マークが甘かったことを指摘している。

 ミランとインテルは、26日のコッパ・イタリア準々決勝で直接激突する。今節はどちらにとっても良い結果ではなかったが、良くない流れを断ちきるためにも重要なゲームとなりそうだ。

【了】

新着記事

↑top