本田圭佑、吉田麻也、冨安健洋が“2010年代アジアベストイレブン”入り。女子は澤穂希氏ら4人

2021年01月31日(Sun)19時32分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

本田圭佑
【写真:Getty Images】

 国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は30日、2011年から2020年までの10年間を対象とした男女それぞれのアジアベストイレブンを発表した。男子は3人、女子は4人の日本人選手が選ばれている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 男子はMF本田圭佑、DF吉田麻也、DF冨安健洋の3人が10年間のベストイレブン入り。日本代表の主力として海外クラブでも長く活躍してきたベテラン2人に加えて、22歳の冨安は2010年代後半からプレーを開始したにもかかわらず選出された。

 また、横浜F・マリノスに所属するタイ代表DFティーラトン・ブンマタンも選出。他にはオーストラリアのGKマット・ライアン、サウジアラビアのDFモハメド・アル・ブライクとMFサレム・アル・ドサリ、中国のFWウー・レイ、韓国のFWソン・フンミン、カタールのFWアルモエズ・アリ、シリアのFWオマル・アル・スーマが名を連ねている。

 女子部門では日本の選手・元選手4人がベストイレブン入り。いずれも2011年FIFA女子ワールドカップ優勝メンバーであるなでしこジャパンのMF澤穂希氏、MF宮間あや氏、DF熊谷紗希、FW岩渕真奈が選ばれた。

 他には、オーストラリアからFWサマンサ・カーなど日本を上回る5人を選出。日本でのプレー経験もある韓国のチ・ソヨンも選ばれている。

【了】

新着記事

↑top