歴代PK得点王は誰だ? ラ・リーガPK成功数ランキング1~5位。メッシとロナウド、頂点に立つのは…

試合の勝敗に大きな影響を与えるPKが最もうまい選手は誰なのか。2001/02シーズンから現在までのラ・リーガのPKの結果を集計。PK成功数をランキング形式で紹介する。※データは『transfermarkt』を参照。2021年3月15日時点。成功数が並んだ場合は成功率で順位を決定

2021年03月17日(Wed)6時00分配信

シリーズ:PKランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:バレンシアの元主将

0317Parejo_getty
【写真:Getty Images】

MF:ダニエル・パレホ
生年月日:1989年4月16日(31歳)
ラ・リーガ所属クラブ:レアル・マドリード、ヘタフェ、バレンシア、ビジャレアル
ラ・リーガ通算成績:376試合/65得点61アシスト
PK成功数:26回(成功率81.3%)


【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 バレンシアに9年間在籍し、キャプテンも務めたダニエル・パレホが5位にランクインした。広い視野と卓越したキックの精度を持ち、中盤の底から長短のパスを味方に届ける。30歳を目前にスペイン代表にも定着を果たし、その魅力は磨きがかかっている。

 レアル・マドリードのカンテラ(育成組織)で育ったが、トップチームには定着できず。クイーンズ・パーク・レンジャーズへの期限付き移籍を経てヘタフェで台頭。ヘタフェに加入した09/10シーズンの10月25日、アスレティック・ビルバオ戦で初めてPKを決めている。

 ラ・リーガ通算でPKを26回成功させているが、そのうち24回はバレンシア時代のもの。今季からプレーするビジャレアルではジェラール・モレノがPKを担当しているため、今季はPKを蹴る機会が訪れていない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top