歴代PK得点王は誰だ? ラ・リーガPK成功数ランキング6~10位。ロナウジーニョは何本を決めて何位なのか?

試合の勝敗に大きな影響を与えるPKが最もうまい選手は誰なのか。2001/02シーズンから現在までのラ・リーガのPKの結果を集計。PK成功数をランキング形式で紹介する。※データは『transfermarkt』を参照。2021年3月15日時点。成功数が並んだ場合は成功率で順位を決定

2021年03月17日(水)6時10分配信

シリーズ:PKランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

10位:パンプローナのジダン

ラウール・ガルシア
【写真:Getty Images】

MF:ラウール・ガルシア
生年月日:1986年7月11日(34歳)
ラ・リーガ所属クラブ:オサスナ、アトレティコ・マドリード、アスレティック・ビルバオ
ラ・リーガ通算成績:510試合/101得点44アシスト
PK成功数:19回(成功率82.6%)


【今シーズンのリーガはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 スペイン・パンプローナ出身のラウール・ガルシアはオサスナの下部組織で育ち、2004年に当時18歳でトップチームデビューを飾っている。2005/06シーズンにはクラブの4位躍進に大きく貢献するなど「パンプローナのジダン」との異名をとった。その後、同選手はアトレティコ・マドリードへ移籍。34歳となった現在は、アスレティック・ビルバオの中心的存在としてピッチに立ち続けている。

 ラウール・ガルシアはこれまでスペイン国内3クラブでプレーし、ラ・リーガでは23回PKキッカーを担ってきた。その中のほとんどがビルバオでのもので、アトレティコ時代は2回、オサスナ時代はわずか1回となっている。なお、オサスナでの1回は失敗に終わっていた。

 ラ・リーガで初めてPKを成功させたのは、アトレティコに在籍していた2014/15シーズンの第6節セビージャ戦。同シーズンよりロヒ・ブランコスの一員となっていたアントワーヌ・グリーズマンがファウルを受けたことで得たものだった。ちなみに、今季はここまで3回PKを蹴っており、第26節グラナダ戦を除く2回を成功させている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top