本田圭佑、カンボジア代表を2023年まで指揮。実質的監督の契約延長を発表

2021年03月24日(Wed)16時26分配信

photo Masayori Ishikawa
Tags: , , , , , , , , , ,

本田圭佑
【写真:石川正頼】

 カンボジア代表の実質的監督を務める本田圭佑は、同国サッカー連盟との契約を2023年まで延長した。24日に本田が自身の公式ツイッターアカウントで発表を行っている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 本田は2018年8月にカンボジア代表のゼネラルマネージャー(GM)に就任し、実質的な監督として指揮を開始。自身も現役選手としてプレーしながら他国の代表チームを率いるという、世界的にも非常に異例な形での“二足のわらじ”となった。

 本田の行った発表によれば、カンボジア代表との契約は2023年の東南アジア競技大会まで延長されたとのことだ。東南アジアスポーツ連盟(SEASF)の主催により1959年から隔年で開催されている総合スポーツ大会であり、第32回となる2023年大会はカンボジアでの初開催が予定されている。

 本田が実質的に指揮を執り始めて以来、カンボジア代表は16試合を戦って3勝3分け10敗。2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選では5試合を終えて勝ち点1で最下位に沈んでいる。新型コロナウイルスの影響などにより2019年11月の香港戦以来カンボジア代表の試合は行われておらず、現時点では今年6月にアジア予選の再開が予定されている。

 選手としての本田は、アゼルバイジャンのクラブであるネフチ・バクーに加入することが先日決定した。現在は新天地でのデビューに向けてトレーニングを行っている。

【了】

新着記事

↑top