守田英正
【写真:Getty Images】

 ポルトガル1部のサンタ・クララに所属する日本代表MF守田英正がポルトガルメディア『Zerozero』のインタビューに答え、欧州移籍からこれまでの手応えや今後の目標を語った。23日付でインタビューの様子が伝えられている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 川崎フロンターレで昨季のJ1優勝に貢献するなど主力として活躍していた守田は冬の移籍市場でサンタ・クララに加入。先発でデビューを飾ったリオ・アヴェ戦でいきなり終了間際の劇的決勝ゴールを挙げる活躍をみせると、そのまま不動のレギュラーに定着して10試合連続で先発フル出場を続けてきた。

「海外で活躍するというのが小さい頃からの目標だったので。日本のリーグより高いレベルの選手とたくさん対戦できる良い機会だと思ったのでポルトガルに来ました」と守田は移籍を決断した理由についてコメント。ポルトガル国内からオファーを受けたクラブはサンタ・クララだけだったとも語っている。

「日本でサッカーしていた時も、あまり点を決めたことはなかったんですけど。こっちに来てからは点を取ることでしか信頼を勝ち取れないと思っていたので、デビュー戦で取れたのは良かったと思います」と自身の鮮烈デビューを振り返った。

 両国のサッカースタイルの違いについては、「日本は本当に技術がすごく高くて、すごく頭を使ってサッカーをする」と守田。「逆に身体的な能力は少し足りない部分。ポルトガルは激しい、強い、速いという身体的な能力が高い選手ばかりで、それがリーグのスタイルになっていると思います」と比較している。

 ポルトガルでこのまま活躍を続けることができたとすれば、その先は「一番好きなリーグがスペインなので、スペインでサッカーしたいです」と目標を掲げた。さらに「日本代表でワールドカップに出て、ベスト8に行きたいですね」と代表チームでの目標にも言及している。

 守田は韓国戦、モンゴル戦に向けた今回の日本代表メンバーにも選出されている。「代表というのは本当に、誰もが目標としてサッカーをしているので。絶対に選ばれて、そこで活躍し続けることが大事かなと思います」と日本代表への思いを語った。

【了】

新着記事

↑top