山根視来
【写真:Getty Images】

 日本代表対韓国代表の国際親善試合が25日に開催されている。先制ゴールは前半16分、日本代表のDF山根視来が記録した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 川崎フロンターレ所属の山根は今回日本代表への初招集を受け、右サイドバックとして先発デビュー。日本代表にとって宿敵である韓国代表との大一番でデビューを飾り、いきなり初ゴールを挙げる快挙をやってのけた。

 守田英正が韓国ディフェンスラインの裏へ通そうとしたスルーパスはDFに弾かれたが、浮き球となったボールを大迫勇也がヒールでつないでゴール前へ送る。ここに反応した山根がエリア右でGKとの1対1の形となり、右足ダイレクトで豪快なゴールを叩き込んだ。

 序盤から試合の主導権を握り、幸先よく先手を取ることに成功した森保ジャパン。このまま韓国から勝利を挙げることができるだろうか。

【了】

新着記事

↑top