森保一
【写真:Getty Images】

【日本 14-0 モンゴル カタールワールドカップ・アジア2次予選】

 日本代表は30日、カタールワールドカップ・アジア2次予選の試合でモンゴル代表と対戦し、14-0のスコアで勝利を飾った。森保一監督は試合後に選手たちを称え、ファンへの思いを口にしている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 前半に5点を挙げて折り返した日本代表は後半に入っても攻撃の手を緩めず。終盤には後半アディショナルタイムだけで3点を挙げるなどモンゴルを圧倒し、ワールドカップ予選における最多得点記録を大幅に更新する14得点を挙げた。

「スコアは大差になって、力の差があったという相手だったかもしれませんが、相手ではなくて自分たちがどう集中して試合に入るかというところで、選手たちが良い準備をしてくれました」と森保監督。「試合の中でも自分たちを高めるということを忘れずに、隙なく、油断なく、漏れなくやってくれたことが良かったと思います」と選手たちの姿勢を称賛した。

 また森保監督はファンへの感謝を表すとともに、日本を元気づけたいという思いを強調。「コロナや自然災害などで大変な思いをされている方がたくさんいると思いますが、我々はサッカーで国民の皆さんが元気になれるように、メッセージを送れるようにこれからも頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」と全国のファンに向けて語りかけた。

【了】

新着記事

↑top