20/21サッカー選手能力値ランキング50位。FWチーロ・インモービレ(ラツィオ)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

2021年04月13日(Tue)6時40分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

驚異の36得点!スピードと決定力が武器のセリエA得点王

チーロ・インモービレ 20/21サッカー選手能力値ランキング
【写真:Getty Images】

FW:チーロ・インモービレ(ラツィオ)
生年月日:1990年2月20日(31歳)
19/20リーグ戦成績:37試合36得点8アシスト
市場価値:4500万ユーロ(約54億円)


【今シーズンのセリエAはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 昨季セリエAで36得点を記録したラツィオのイタリア代表FWチーロ・インモービレが50位に入った。スピードと決定力を武器にゴールを量産。自身3度目のセリエA得点王となった。

 インモービレはユベントスの下部組織出身。その後、レンタルで国内クラブを転々。2011年に加入したぺスカーラで28ゴールを記録し、セリエB得点王に輝いた。2013年にトリノに移籍すると、13/14シーズンに22ゴールを決め、自身初のセリエA得点王となった。

 大きな期待を背負って加入したドルトムントでは結果が出ず、2015年にセビージャに移籍。ここでも期待通りの活躍はできなかった。そして2016年にラツィオに移籍すると、17/18シーズンに2度目のセリエA得点王に輝いた。国外ではその実力を発揮できなかったが、イタリアではその決定力を見せつけていた。

 やはり攻撃の能力値が高いインモービレ。スピードとドリブル、テクニックは非常に高い数字を示している。また90分間ハードワークできるスタミナを持ち、前線からのプレスや味方のために潰れることも厭わない。得点を量産できるFWであるが、味方のために汗をかけるチームには欠かせない選手だ。今後のインモービレの活躍に目が離せない。

【了】

新着記事

↑top