フィル・フォーデン
【写真:Getty Images】

 マンチェスター・シティのFWフィル・フォーデンが、自身のSNS投稿を巡って不満を抱いているという。英『デイリー・メール』が15日に伝えた。

【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 シティは現地時間14日、チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグでボルシア・ドルトムントと対戦し、勝ち上がりを決めた。準決勝ではパリ・サンジェルマンと対戦することになる。

 フォーデンはドルトムント戦でファーストレグもセカンドレグもゴールを決めて、チームのベスト4入りに貢献した。すると試合後、同選手の公式ツイッターにはパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペを指して、「準備はいいかい」と投稿。握手の絵文字もつけている。

 ただ、この投稿に腹を立てているのは、フォーデン自身だという。この投稿はフォーデンに確認せずに同選手のSNSを管理する会社が投稿したものとのこと。挑発的ともとれるツイートはフォーデンの意図するところではなく、すぐに投稿の削除を要請したそうだ。

 シティの選手がSNSの管理でトラブルを起こすのはこれが初めてではない。2019年にはFWラヒーム・スターリングがイングランド代表のキャプテンを務めるというニュースを漏らしたことで、スターリングは当時のPR会社との関係を断っている。

【了】

新着記事

↑top