日本代表
【写真:Getty Images】

 日本サッカー協会(JFA)は16日、3月の日本代表活動における防疫措置に違反があったことを明らかにした。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 3月下旬の国際Aマッチウィーク中には、A代表とU-24日本代表が日本国内で計4試合を開催した。海外組の選手たちや対戦国代表チームの入国は、スポーツ庁や関連省庁と議論の末、JFAの責任下において厳格な防疫措置を講じることを条件に認められていた。

 試合前に複数回の新型コロナウイルスの検査を行うことなどに加え、活動後の検査や行動管理、健康状態の確認も防疫措置の一環。JFAはスポーツ庁との間で、これらの厳格な防疫措置の全てを遵守する旨の誓約書も交わしていた。

 しかし、JFAは「誓約書に定められた代表活動終了後の検査(代表活動後3日目)が実施されず、Jリーグに出場していた事案が判明しました」と発表。そのうえで「選手が所属するクラブに対するJFAからの説明および確認不足によるものです。今回の代表活動の受入責任団体として、このような事象が発生したことは非常に遺憾であり、事象の発生を大変重く受け止めております。関係各所にご迷惑をおかけすることになりましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

 再発防止策として、JFAは3月に招集された選手が所属する全てのクラブに対し、検査などの必要な措置に関して改めて説明。そのうえで「4月に実施したなでしこジャパン(日本女子代表)の活動も含めて、代表活動後14日目までに行われる検査や健康フォローアップにおいて同様の事象が発生しないよう、人々の健康や安全・安心を最優先に、JFAでは関係するクラブとともに防疫措置を徹底し、再発防止に努めてまいります」としている。

【了】

新着記事

↑top