「私利私欲にまみれた」スーパーリーグ創設で欧州サッカーは何が変わる? 4200億円が創設クラブに渡る仕組みとは…

2021年04月19日(Mon)9時11分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

UEFA、CL
【写真:Getty Images】

 現地時間18日、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドをはじめとする12クラブが、欧州スーパーリーグへの参加に合意したことを発表した。創設クラブは以下の通り。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


イングランド:アーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム
スペイン:アトレティコ・マドリード、バルセロナ、レアル・マドリード
イタリア:ACミラン、インテル、ユベントス

 共同声明において創設クラブは、「欧州フットボールというピラミッド全体の利益のために、価値を高め、サポートを強化するために、戦略的な構想と持続可能な商業的アプローチが必要」と考えている。新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行は、既存のフォーマットにおける財政的な不安定さを招いたとしている。

 この発表に対してUEFAは、12クラブが所属するリーグとサッカー協会の共同声明を発表。スーパーリーグ構想を「冷笑的なプロジェクト」と表現し、「いくつかのクラブの私利私欲に基づいて設立されたプロジェクト」と述べている。

 UEFAはこの構想に猛反発している。この新リーグに参加するクラブは、国内、ヨーロッパ、世界の他の大会に参加する機会を失い、選手は代表チームでプレーすることもできない。UEFAは声明を、「いい加減にしろ」と締めくくっている。

 創設クラブの声明によると、スーパーリーグに参加するのは20クラブ。先述した12クラブから3つを加えた15の創設クラブと、前シーズンの結果に基づいて5クラブに参加資格が与えられ、10クラブずつ2グループに分かれてホーム&アウェイのリーグ戦を行う。上位3クラブは準々決勝に進み、4位と5位のクラブはプレーオフを経て準々決勝へ進む。

「欧州フットボールというピラミッド全体の利益」が表向きの設立理念だ。新リーグの副チェアマンでマンチェスター・ユナイテッドで共同オーナーの1人であるジョエル・グレイザーは、このように述べている。

「世界最高峰のクラブと選手を集めてプレーすることで、スーパーリーグは欧州フットボールの新たな章を拓く。世界クラスの競争と施設を確保し、より広いフットボールのピラミッドへの財政支援を増やす」

 しかし、この新フォーマットによって、創設クラブは35億ユーロ(約4200億円)を受けとるという。これは投資計画をサポートし、新型コロナウイルスのパンデミックに対する影響を相殺するためのものとされている。

 新フォーマットによって生み出される利益は、既存のものよりも大きいとされている。しかし、ビッグクラブ以外が参加する権利を大幅に狭める新フォーマットは、欧州サッカーに大きな影響をもたらすことになりそうだ。

【了】

新着記事

↑top