リバプール、最高の補強は…21世紀ベスト移籍5人。チームを変えたカリスマたち

2021年04月22日(Thu)7時00分配信

シリーズ:21世紀ベスト移籍5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

リバプールはイングランドが誇る名門クラブで、これまで数々の著名な選手を獲得してきた。額面通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手もいる。ここでは、2001年以降に加入した選手の中から、チームを大きく変えた選手を紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

F・トーレスの穴を埋めるどころか…

ルイス・スアレス
【写真:Getty Images】

FW:ルイス・スアレス
生年月日:1987年1月24日
移籍金:2650万ユーロ(約32億円)
在籍期間:11年冬~14年夏
リーグ戦成績:110試合69得点39アシスト


【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2011年冬、リバプールはフェルナンド・トーレスがチェルシーに活躍の場を移したことで莫大な移籍金を手に入れている。そのお金を使って獲得したのが、ニューカッスルで活躍していたアンディ・キャロル、そしてアヤックスでプレーしていたルイス・スアレスの二人だった。

 当初期待されていたのはキャロルの方である。リバプール加入前からプレミアリーグで活躍していたので、“わかりやすかった”という点が大きいだろう。しかし、スアレスはその期待を良い意味で裏切っている。プレミアリーグデビュー戦で得点を決めると、その後もコンスタントに得点を生産。2年目にはさっそくリーグ戦二桁得点を記録した。

 キャロルが期待を裏切る中、スアレスの凄みはどんどんと増していく。2012/13シーズンにはリーグ戦20得点という大台を突破し、スティーブン・ジェラードに説得され残留した2013/14シーズンはPKを一回も蹴らずになんと31得点17アシストを記録。リバプールの選手としては1998/99シーズンのマイケル・オーウェン以来となるプレミアリーグ得点王に輝いた。なお、スアレスはヨーロッパ・ゴールデンシュー、さらにPFA年間最優秀選手賞も受賞している。

 スアレスは2014年、かねてより憧れと話していたバルセロナに移籍。結果的にリバプールには3シーズン半在籍することになったが、公式戦133試合の出場で82得点42アシストという圧巻の成績を残した。F・トーレスの抜けた穴を埋めるどころか、それ以上の存在になったと言える。

【次ページ】エジプトの爆速王

1 2 3 4 5

新着記事

↑top