マンチェスター・シティはイングランドを代表する強豪クラブで、これまで数々の著名な選手を獲得してきた。額面通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手もいる。ここでは、2001年以降に加入した選手の中から、チームを大きく変えた選手を紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

「生命線であり、魂」だった偉大なキャプテン

0507Kompany_getty
【写真:Getty Images】

DF:ヴァンサン・コンパニ(元ベルギー代表)
移籍金:850万ユーロ(約10億円)
在籍期間:2008年夏~19年夏
リーグ戦成績:365試合18得点9アシスト
代表通算成績:89試合4得点5アシスト


【今シーズンのシティの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マンチェスター・シティのカルドゥーン・アル・ムバラク会長は、ヴァンサン・コンパニを「極めて才能にあふれたスカッドの生命線であり、魂、心臓の鼓動だった」と評している。1つひとつのプレー以上に、チームに多くのものをもたらす偉大なキャプテンだった。

 コンパニがシティに加入したのは2008年の夏。アンデルレヒトの下部組織出身で、04年にはベルギー年間最優秀選手に選ばれた。06年夏からはハンブルガーSVで2シーズン在籍。コンパニが加入する前のシティは2部に降格したこともあり、コンパニが加入する直前のシーズンはプレミアリーグで9位という成績だった。

 コンパニの加入と同時期にシティはUAEの投資グループへと売却され、豊富な資金力を大型補強へと注入していった。コンパニは中盤とセンターバックを兼務する守備者からDFリーダーへと成長。11/12シーズンに主将に任命されると、優勝争いを演じるチームを引っ張った。優勝を争うマンチェスター・ユナイテッドとのダービーで決勝点となるゴールを決め、劇的なリーグ優勝の原動力となった。

 13/14シーズンに2度目のリーグ優勝を経験したが、30歳を境に負傷離脱も増えていく。出場機会は減っていたが、ペップ・グアルディオラ監督が作り上げるチームを支えた。コンパニは在籍11年で4度のプレミアリーグ、2度のFAカップ、4度のリーグカップ優勝を経験し、19年夏にシティを退団。古巣アンデルレヒトの選手兼監督を1年間務め、昨夏からは監督業に専念している。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top