リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

15位:10代でトッテナムへ、異色のキャリアを歩むバスク人

Berchiche
【写真:Getty Images】

DF:ユーリ・ベルチチェ(アスレティック・ビルバオ)
生年月日:1990年2月10日(31歳)
市場価値:1600万ユーロ(約19.2億円)
19/20リーグ戦成績:33試合2得点2アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 ユーリ・ベルチチェはバスク地方出身者だけで戦うアスレティック・ビルバオの左サイドを支えている。ビルバオの下部組織出身だが、そこに至るまでの経歴は異色。10代のときにトッテナムに渡り、期限付き移籍を繰り返した。古巣であるレアル・ソシエダに完全移籍し、ローン移籍したエイバルで台頭すると、ソシエダでもレギュラーとしてプレー。パリ・サンジェルマンではUEFAチャンピオンズリーグも経験し、18/19シーズンから古巣ビルバオに在籍している。

 攻守にエネルギーが求められるビルバオのスタイルにおいて、ベルチチェの「スピード」は重要だ。サイドバックの選手としては「フィジカル」も強く、「空中戦」でも簡単には負けない。守備においてエルチチェが穴になることは少ない。攻撃でもベルチチェの「スピード」は活かされ、豊富な運動量を活かした鋭い攻め上がりでチャンスを創出する。思い切りの良いシュートや、意表を突くパスは、ときに大きなチャンスへとつながる。

 気性の荒さが目立つこともあったが、その実力はラ・リーガでも屈指。昨季はUEFAが選ぶラ・リーガのベストイレブンに選ばれている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top