リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

15位:「代わりはいない」マンCで活躍し続けるベテランMF

フェルナンジーニョ21
【写真:Getty Images】

MF:フェルナンジーニョ(ブラジル代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1985年5月4日(36歳)
市場価値:250万ユーロ(約3億円)
19/20リーグ戦成績:30試合0得点1アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 在籍年数が8年に達したマンチェスター・シティで、フェルナンジーニョは4度のプレミアリーグ優勝を経験している。シティでの公式戦出場試合数は300を超えたフェルナンジーニョは、クラブの歴史に名を刻む守備的MFとして後世に語り継がれるだろう。

 攻撃的なシティのスタイルの中でひときわ輝くのはフェルナンジーニョの「守備力」だ。タイトな寄せでボールを奪い、相手に攻撃する時間を与えない。味方のサポートに走るカバーリングも的確で、1試合の中で幾度となくピンチを未然に防いでいる。

 アンカーを務めるロドリのバックアッパーだけではなく、センターバックのポジションでも高いパフォーマンスを見せる。「スピード」があるタイプではなく、大柄な選手に比べれば「空中戦」の勝負でも分が悪い。しかし、そういった欠点を感じさせないのは、予測の速さや身体の使い方といった部分によるものが大きい。

 ペップ・グアルディオラ監督に「フェルナンジーニョの代わりはいない」と言わしめるこのMFは、5月に36歳となった。人の入れ替わりが激しい欧州サッカーの第一線で、30代後半に差し掛かった選手がプレーし続けるのは容易ではない。それでも、フェルナンジーニョはこの年齢でもプレミアリーグ優勝チームのキャプテンとして輝きを放っている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top