橋本拳人
【写真:Getty Images】



 FIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選の日本代表対タジキスタン代表戦が7日に行われている。51分には橋本拳人のゴールで日本代表が3-1とリードを広げた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 前半6分に古橋亨梧のゴールで先制した日本代表だが、その3分後には今予選初失点で同点に追いつかれてしまう。それでも40分、古橋のクロスから南野拓実が予選7試合連続ゴールとなる勝ち越し弾を突き刺し、2-1のリードで前半を折り返した。

 ハーフタイムには南野と原口元気を下げ、鎌田大地と、代表デビュー戦となる坂元達裕が登場。後半開始から6分、前半と同じく最初の本格的な攻撃が日本代表のゴールに繋がった。

 橋本からのパスを右サイドで受けた山根視来がグラウンダーのクロスを折り返すと、エリア内のスペースに入り込んだ橋本が右足ダイレクトで合わせる。ゴール左へのシュートを流し込んでスコアを3-1とした。

 3日に行われたU-24日本代表とのチャリティーマッチでも先制点を挙げていた橋本は2試合連続のゴール。国際Aマッチではこれが初ゴールとなった。

【了】

新着記事

↑top