ジャマイカ戦、超絶股抜き弾の久保建英は何点? 一方で低評価となったのは…【U-24日本代表どこよりも早い採点】

2021年06月12日(Sat)15時27分配信

シリーズ:どこよりも早い採点
text by 編集部 photo JFA
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦し4-0で勝利。この試合で横内ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

久保建英がさすがの活躍ぶり

2021-6-12-Japan_JFA
【写真:日本サッカー協会】

【U-24日本 4-0 ジャマイカ 国際親善試合】

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


谷晃生 6 危険な場面は全くと言っていいほどなく、静かな時間を過ごしていた
酒井宏樹 6.5 対人戦で抜群の強さを発揮。タイミングの良い攻め上がりも目立った
吉田麻也 6 圧倒的な存在感はなかったが、落ち着いた対応で相手にチャンスを与えなかった
町田浩樹 6 ややパスの精度に物足りなさを残したものの、守備を問題なく行っていた
旗手怜央 6 持ち前の攻撃力を発揮し何度かチャンスに絡んだ。1対1でも簡単には負けず
遠藤航 7 攻守の切り替えの速さはさすが。鋭いカットからコントロールショットを突き刺した
田中碧 6.5 うまくバランスを整え中央のエリアを引き締めた。攻撃を加速させるパスも◎
堂安律 6.5 後半に入り1得点。身体の強さを活かしたパワフルなドリブルも見られた
久保建英 7.5 1対1をほぼ制すなど攻撃を活性化。ゴールを決め4点目の起点になるなどMOMの輝き
三笘薫 6.5 前半はやや苦しんだが、後半に鋭いドリブルからアシストを記録。仕事を果たした
前田大然 5.5 献身的な守備は光ったが、肝心の攻撃面では不発。アピールとはならなかった

鈴木彩艶 6 これがデビュー戦。シュートは来なかったが、バックパスの処理を冷静に行った
瀬古歩夢 6 1対1で粘り強く戦った。ペナルティーエリア内での対応も実に冷静だった
上田綺世 7 ピッチに立ってすぐに得点という結果を残す。FWとしての質の高さを示した
相馬勇紀 6.5 自慢の走力を武器にチャンスを創出。堂安律のゴールをお膳立てした
橋岡大樹 6 クロスの質などは高めたかったところだが、力強さは随所で示していた
食野亮太郎 6 それほどインパクトはなかったが、一度良いターンからチャンスを作った
三好康児 6 出場時間があまり多くなく、結果は出なかったが、随所で良さを出した

横内昭展 6 ほぼベストメンバーを送り出し完封勝利。攻守でポジティブな要素を多く見出した

【了】

新着記事

↑top