MF

橋本拳人
【写真:Getty Images】


橋本拳人(ロストフ / ロシア)
生年月日:1993年8月16日
日本代表通算成績:12試合1得点0アシスト

 守田英正、遠藤航とボランチのポジションを争うのが橋本拳人だ。今季からプレーするロシアリーグでしっかりと結果を残し、19試合6得点1アシストを記録。与えられたポジションと役割は違うが、その攻撃力に磨きをかけてきた。

 橋本はU-24日本代表戦で先制ゴールを記録。さらにタジキスタン戦でも先発出場を果たし、後半にゴールを奪った。森保一監督の目の前で猛アピールを続けている。セルビア戦で先発出場となった橋本だが、3試合連続のゴールとはならなかった。それでもボランチとしての役割を全う。キルギス戦では、その決定力にも期待したい。

川辺駿
【写真:Getty Images】

川辺駿(サンフレッチェ広島)
生年月日:1995年9月8日
日本代表通算成績:3試合1得点

 川辺駿はU-24日本代表戦では後半に途中出場。続くタジキスタン戦はフル出場。チーム4点目を記録し、代表初ゴールを記録した。その次のセルビア戦では後半頭からの出場となり、1-0勝利に貢献した。

 それでも現在のボランチの序列では遠藤航や守田英正、橋本拳人が川辺の上に位置しているとみられる。海外組を追い抜くためにも今回の代表戦最終戦となるキルギス戦でアピールしたいところだろう。川辺の活躍に期待したい。

古橋亨梧
【写真:Getty Images】

古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
生年月日:1995年1月20日
日本代表通算成績:5試合3得点1アシスト

 古橋亨梧は豊富な運動量と抜群のスピードを武器に攻守に貢献する。170cmと小柄だが、簡単にボールを奪われないキープ力を兼ね備えている。裏への抜け出しが得意な古橋は、一度DFラインの裏を抜け出すと、追いつけるDFは多くない。

 古橋は3月の韓国代表戦に途中出場。この試合でゴールはなかったが、続くモンゴル代表戦で2ゴールを記録。タジキスタン戦では1ゴール1アシストと結果を残し、攻撃的MFとして評価をあげた。セルビア戦ではゴールがなかったが、出場した公式戦3試合連続ゴールに期待がかかる。

【次ページ】WG&FW

1 2 3 4 5

新着記事

↑top