バルセロナ、5年間の歴代スタメン&フォーメーション。国内タイトル寡占から悪夢の8失点大敗、そして踏み出した新時代への一歩

2021年06月21日(Mon)7時00分配信

シリーズ:5年間の歴代スタメン&フォーメーション
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

ここ10シーズンで5度のリーグ優勝を果たしているバルセロナは、欧州サッカーの盟主にふさわしいクラブの一つ。ただ、ここ最近を見ても、ネイマールやアンドレス・イニエスタの退団など多くの変化を経験している。今回は、バルセロナの過去5年間の主要メンバーや基本システムをシーズンごとに紹介する。

エンリケ体制の終わり(16/17シーズン)

0331barcelona16
バルセロナ、2016/17シーズンの基本フォーメーション(黄色は新加入選手)

【シーズン成績】
UEFAチャンピオンズリーグ:ベスト8
リーガ・エスパニョーラ:2位(28勝6分4敗)
コパ・デル・レイ(スペイン国王杯):優勝


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ダニエウ・アウベスがチームを去り、チームは若返りを図るべく20代前半の選手を多く獲得した。最終ラインにはサミュエル・ウンティティとリュカ・デーニュ、中盤にはアンドレ・ゴメスとデニス・スアレス、MSNが君臨する前線にはパコ・アルカセルを加えている。

 2年続けての顔合わせとなったセビージャとのスーペル・コパを制して、バルセロナの16/17シーズンはスタートした。しかし、リーグ戦では序盤からアラベスやセルタに敗れ、首位レアル・マドリードの後を追う展開となった。

 チャンピオンズリーグ(CL)ではラウンド16でパリ・サンジェルマンとの1stレグに4-0で大敗。逆転は不可能に思われたが、カンプノウで行われた2ndレグは2点リードで試合終盤に突入すると、ネイマールの2得点とセルジ・ロベルトのゴールで6-1と大勝した。2戦合計スコアでを6-5としたバルセロナが、CL史上最大級の逆転劇を演じて見せた。

 しかし、準々決勝でもユベントスを相手に1stレグで敗れてしまう。大逆転の再現が期待されたが、奇跡は2度起こらなかった。ホームでの2ndレグはスコアレスドローに終わり、2シーズン連続の準々決勝敗退となった。

 リーグ戦では8節から19試合に渡って無敗を継続して、首位レアルを猛追。33節のエル・クラシコはメッシの2得点などで勝利し、1試合消化が少ないマドリーに勝ち点で並んだ。バルセロナは残る5試合を全勝してシーズンを終えたが、6連勝でフィニッシュしたマドリーにリーグ優勝を許した。コパ・デル・レイでは決勝でアラベスを下して3連覇を達成。しかし、リーグ3連覇を逃したルイス・エンリケは監督退任となった。

▽GK
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン

▽DF
セルジ・ロベルト
ジェラール・ピケ
サミュエル・ウンティティ
ジョルディ・アルバ

▽MF
イバン・ラキティッチ
セルヒオ・ブスケッツ
アンドレ・ゴメス

▽FW
リオネル・メッシ
ルイス・スアレス
ネイマール

1 2 3 4 5

新着記事

↑top