広州の元ブラジル代表大物MFが電撃退団。ACL開幕直前に契約解除の理由は…

2021年06月21日(Mon)18時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

パウリーニョ
【写真:Getty Images】


 中国スーパーリーグ(CSL)の広州FC(昨季までの名称は広州恒大)は20日、同クラブに所属していたブラジル代表MFパウリーニョとの契約を双方合意の下で解除したことを発表した。中国『新華社』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 クラブの発表によれば、パウリーニョは新型コロナウイルスの影響による渡航制限のためチームに合流できず、契約を履行できない状況になっていたとのこと。契約は2年間残していたが、解除することが合意に達したと発表されている。

 ブラジル代表としても通算50試合以上に出場しているパウリーニョは現在32歳。2015年にトッテナムから広州恒大に加入したあと、2017年夏にはバルセロナへ移籍して1年間を過ごし、その後また広州へ復帰していた。

 広州では過去3シーズンのリーグ戦で68試合に出場して44得点という非常に高い得点能力も発揮。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で対戦するJリーグ勢にとっても脅威の存在となっていた。

 広州に所属していたブラジル人選手では、MFアンデルソン・タリスカもサウジアラビアのアル・ナスルへの移籍が先月発表された。今週から開幕するACL東地区では、広州は24日の初戦でセレッソ大阪との対戦を予定している。

【了】

新着記事

↑top