世界最高のトップ下は誰だ! 攻撃的MF能力値ランキング16位~20位。絶品のテクニック、圧倒的なセンスを持つのは…(20/21シーズン版)

2021年06月22日(Tue)6時00分配信

シリーズ:20/21能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20位:ロシアの地で再び評価上昇中

プロメス21
【写真:Getty Images】

MF:クインシー・プロメス(オランダ代表/スパルタク・モスクワ)
生年月日:1992年1月4日(29歳)
市場価格:1500万ユーロ(約18億円)
20/21リーグ戦成績:19試合出場/6得点0アシスト(アヤックス)
20/21リーグ戦成績:11試合出場/3得点3アシスト(スパルタク・モスクワ)


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 トゥエンテやスパルタク・モスクワで着実に力をつけ、2018年にセビージャへステップアップするも失敗。その翌年に移籍したアヤックスでも、結局はレギュラーに定着することができなかった。しかし、今年2月に移籍した古巣S・モスクワでは瞬く間に中心的存在に。ロシア・プレミアリーグでは約3ヶ月間で3得点3アシストを記録するなど躍動した。

 非凡な「スピード」を活かした「ドリブル」で一気にボールを前進させられるのがクインシー・プロメス最大の魅力。左右両足のレベルが高く、中に切り込んでも縦に突破しても“仕上げ”まで持ち込むことができるので、マッチアップする選手からすると非常に捕まえずらい。単独での突破力に関しては、現役オランダ人プレーヤーの中でもトップクラスと言えるだろう。

 ただ、上記のことから典型的なウインガーというイメージを持つ方も多いかもしれないが、実は中央でプレーした際のチャンスメーク能力もかなり高い。左右両足で巧みにボールをコントロールし、相手を引き付けてから味方を活かすということをこの男は平然とやってのける。だからこそ、今冬移籍したS・モスクワではトップ下起用がメインとなっているのだ。

「フィジカル」があまり強くなく、好不調の波も小さくないというのがウィークポイントだが、上記のことからも分かる通りオフェンスセンスに関しては疑いの余地がない。ランキング入りは妥当な結果と言えるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top