ジョルジーニョ、エメルソン
【写真:Getty Images】



 ユーロ2020(欧州選手権)決勝のイタリア代表対イングランド代表戦が現地時間11日に行われ、1-1からPK戦3-2で勝利を収めたイタリアが優勝を飾った。チェルシーに所属するイタリア代表DFエメルソンと同MFジョルジーニョは、同一年にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)とユーロの優勝を達成した歴代10人目と11人目の選手となった。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 イングランド代表にもチェルシー所属のDFベン・チルウェル、DFリース・ジェイムズ、MFメイソン・マウントの3人が名を連ねており、どちらかのチームから両タイトル獲得の達成者が出ることは確実だった。PK戦の末にタイトルを手にしたのは、1968年以来53年ぶりのユーロ制覇となるイタリアの方だった。

 欧州のクラブ最高峰のタイトルであるCLと、代表チームの最高峰のタイトルであるユーロで同じ年に優勝を飾った選手は過去にわずか9人。ユーロが4年に一度しか開催されないこともあり、歴史上でもごく一部の限られた選手のみが手にした名誉だ。

 最初の達成者は元スペイン代表のルイス・スアレス氏。1964年にインテルでチャンピオンズカップ優勝を飾るとともに、スペイン代表で同年のユーロ優勝を達成した。

 続いて1988年には、クラブで欧州を制したPSVの所属選手4人がオランダ代表でもユーロ優勝。現バルセロナ監督のロナルド・クーマン氏と、ハンス・ファン・ブルックレン氏、バリー・ファン・アールレ氏、そしてジュビロ磐田でもプレーしたジェラルド・ファネンブルグ氏だ。

 2012年には今回と同じくチェルシーがCLで優勝し、後にサガン鳥栖でプレーしたフェルナンド・トーレス氏とフアン・マタがスペイン代表でユーロ優勝。前回のユーロ2016を制したポルトガル代表ではクリスティアーノ・ロナウドとぺぺの2人がレアル・マドリードでCLのタイトルも獲得していた。

【了】

新着記事

↑top