銅メダルならず…

U-24日本代表
【写真:Getty Images】

【U-24日本代表 1-3 U-24メキシコ代表 東京五輪2020・3位決定戦】

 東京五輪(東京オリンピック)2020男子サッカー競技3位決定戦、U-24日本代表対U-24メキシコ代表が6日に行われた。試合は1-3で日本が敗れた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 グループリーグで対戦したメキシコとの再戦となった3位決定戦。日本は序盤に苦しい状況となる。

 11分、遠藤航が自陣ペナルティーエリア内でのファウルを取られてPKのピンチを迎えると、これを決められて先制を許した。22分にはFKから失点し、早い時間に2点のビハインドを背負うことになる。

 追いかける日本は、前半終盤にチャンスをつくりつつあったが、差を縮めることはできずにハーフタイムとなった。

 日本は2点を追う後半もセットプレーでやられてしまう。58分、メキシコが負傷者を出して試合が止まった直後のCKで、ベガにヘディングを決められて0-3となった。

 その後はリスクを冒して前に出るが、日本の攻撃はなかなかゴールに結びつかない。78分には途中出場の三笘薫が1点を返して望みをつなぐが、2点目は生まれず。1-3で試合終了を迎え、日本は53年ぶりの銅メダルに届かなかった。

【得点者】
13分 0-1 セバスティアン・コルドバ(U-24メキシコ)
22分 0-2 ヨハン・バスケス(U-24メキシコ)
58分 0-3 アレクシス・ベガ(U-24メキシコ)
78分 1-3 三笘薫(U-24日本)

【了】

新着記事

↑top