リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は左利きの選手を対象としたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

15位:SBの完成形

スライド1 (5)
【写真:Getty Images】

DF:ルーク・ショー(イングランド代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1995年7月12日(26歳)
市場価格:4200万ユーロ(約50.4億円)
20/21リーグ戦成績:32試合出場/1得点5アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 17歳にしてサウサンプトンで頭角を現したルーク・ショーは、2014年に3750万ユーロ(約45億円)でマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。移籍後は右脚の大怪我の影響もあり、浮き沈みのあるプレーが続いたが、今やブラジルのレジェンド、ロベルト・カルロスと比較される程の選手に成長。かつての逸材は復活を果たした。

 足元の「テクニック」と強靭な「フィジカル」、さらに「スピード」を兼ね備えるルーク・ショーは、目立った欠点のないオールラウンダーだ。「IQ」も高く、絶妙なタイミングでのオーバーラップやトランジションの際の的確なポジショニングで、攻守両面に貢献。左サイドは「攻撃力」、「守備力」ともにハイレベルなこの男によって支配される。

 そして最大の武器と言えば、高精度のクロスだろう。状況に応じて多彩なキックで味方にピンポイントで合わせるクロスは、まさに絶品。6月に行われたユーロ2020(欧州選手権)では、6試合で3アシストを記録し、準優勝に貢献した。SBの完成形とも言われるルーク・ショーは、ロベルト・カルロスを超え、世界最高のSBへなれるだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top