欧州主要国の2021/22シーズン夏の移籍市場が現地時間8月31日に幕を閉じた。今夏も様々なビッグディールが誕生したが、最も高額な移籍金が支払われた選手は誰だったのだろうか。今回は、21/22シーズン夏の移籍金ランキングを紹介する。(移籍金、市場価格は『transfermarkt』を参照)

10位:イングランド2部MVPの逸材

0908-ブエンディア
【写真:Getty Images】

MF:エミリアーノ・ブエンディア(アルゼンチン代表)
生年月日:1996年12月25日(24歳)
市場価格:3500万ユーロ(約42億円)
移籍先:ノリッジ→アストン・ヴィラ
移籍金:3840万ユーロ(約46億円)
20/21リーグ戦成績:39試合出場/15得点17アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2009年にレアル・マドリードのカンテラ(下部組織)に加入したエミリアーノ・ブエンディアは、その後ヘタフェのカンテラへと移籍し、トップチームデビューを果たした。16/17シーズンには1年でのラ・リーガ復帰に貢献するも、翌年にセグンダ・ディビシオン(2部)のレオネサにローンで放出。2018年に当時チャンピオンシップ(2部)のノリッジに加入した。

 ダイナミック且つテクニカルなプレーで、加入後すぐにスタメンに定着したブエンディアは、1年目からリーグ戦38試合に出場。8得点12アシストを記録し、チャンピオンシップ優勝に貢献した。初のプレミアリーグでは、怪我と出場停止となった2試合以外全ての試合に出場し、7アシストを記録。ただ、個人では奮闘したものの、チームは再び降格となった。
 
 翌年のチャンピオンシップでは、15得点17アシストを記録。圧巻の数字を残し、再びノリッジをプレミアリーグ昇格に導いた。その活躍もあり、今夏3840万ユーロ(約46億円)でアストン・ヴィラに移籍。開幕から3試合に全てにスタメン出場し、すでに1得点を決めている。チャンスメークにおいて、昨季のチャンピオンシップでトップの数字を記録したこの男は、間違いなく今季注目すべき選手の1人だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top