リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。今回は「ドリブル」にフォーカスしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのもの、市場価格は『transfermarkt』を参考)。

20位:プレミア屈指のサイドアタッカー

スライド1 (24)
【写真:Getty Images】

FW:ウィルフリード・ザハ(コートジボワール代表/クリスタルパレス)
生年月日:1992年11月10日(28歳)
市場価値:4500万ユーロ(約54億円)
20/21リーグ戦成績:30試合11得点2アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 4歳の頃に家族と母国を離れ、ロンドンに移住したウィルフリード・ザハは、12歳でクリスタルパレスの下部組織に加入。2010年にトップチームデビューを果たした。当時チャンピオンシップ(2部相当)の同クラブですぐに主力となったザハは、2013年にマンチェスター・ユナイテッドにするも、在籍3年間でリーグ戦出場は2試合のみ。ビッグクラブ挑戦は失敗に終わり、2014年にクリスタルパレスに復帰した。

 マンチェスター・ユナイテッドから復帰後、エースとしてクリスタルパレスを牽引するザハ最大の武器は、強豪相手でも一人で相手のDF網を突破できる「ドリブル」だ。ペナルティーエリア付近での「スピード」と「テクニック」を活かしたドリブルは、プレミア屈指のDFと言えど手に負えない。さらに強靭なDFを背負いながらも変転し、強烈なシュート打てるこの男の「フィジカル」と「攻撃力」はプレミア屈指だ。

 昨季は自己最多の11得点を決め、シーズンを重ねるごとに凄みが増しているザハの実力はプレミアリーグ内でもトップクラス。若くして移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは失敗したが、成熟した今なら主力に定着することは間違いないだろう。この先、幼少期から育ったクラブに残留し続けるのか、再びビッグクラブに挑戦するのか。今後の活躍と動向に注目したい。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top