17位:ブラジルの魔術師

スライド1 (21)
【写真:Getty Images】


MF:フィリぺ・コウチーニョ(ブラジル代表/バルセロナ)
生年月日:1992年6月12日(29歳)
市場価値:3000万ユーロ(約36億円)
20/21リーグ戦成績:12試合2得点2アシスト

 ブラジルの名門、ヴァスコ・ダ・ガマのユース出身のフィリぺ・コウチーニョは2008年にインテルと契約。リーグ戦の出場は少ないものの欧州でその実力を証明し、2013年にリバプールに加入した。低迷期にあった同クラブで10番を背負い、新たな希望となったコウチーニョはワールドクラスの選手に成長。2018年に1億3500万ユーロ(約162億円)でバルセロナに移籍を果たした。

 トップスピードから急停止する鋭い切り返しと流れるように相手DFを抜き去る「テクニック」を持つコウチーニョの「ドリブル」は、まさにワールドクラス。ファールなしで止めることは困難だ。さらに、相手の急所を突く「パス」と急停止からの強烈なミドルシュートは相手の脅威となる。ここ数シーズンは怪我によりその影を潜めているが、その「攻撃力」が世界トップクラスであることは間違いない。

 巨額の移籍金と大きな期待を受けてバルセロナに加入したコウチーニョは、怪我やティキ・タカへの適応に苦しみ、未だその金額に見合った活躍を見せられていない。幾度となく退団が噂される同選手がチームに残り続けるためには、安定したパフォーマンスと結果が必要不可欠。今季が正真正銘のラストチャンスとなるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top