南野拓実に英メディアが軒並み最高評価「常に危険だった」 クロップ監督も絶賛

2021年09月22日(Wed)17時15分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

南野拓実
【写真:Getty Images】



 カラバオカップ(リーグ杯)3回戦のノリッジ・シティ対リバプール戦が現地時間21日に行われ、リバプールがアウェイで3-0の勝利を収めた。2ゴールを記録したリバプールの日本代表MF南野拓実は現地メディアから軒並み高評価を受けている。

【今シーズンの南野拓実はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 リバプールがリーグ戦から大幅にメンバーを入れ替えて臨んだ試合に南野は先発し、待望の今季公式戦初出場。その起用に応えて前半4分には先制ゴールを記録し、80分にもチームの3点目となるゴールを挙げて勝利を決定づけた。

 この試合のマン・オブ・ザ・マッチにも選出された南野は当然ながら各メディアでも高評価。地元紙『リバプール・エコー』ではチーム最高タイの採点「8」をつけ、「うまく先制点を決め、守備ラインの裏のスペースに走り込む動きは常に危険だった。やり続けたことが報われてクレバーに2点目を決めた」と寸評を添えている。

 英『90min』でも南野に対してチーム最高タイの「8」と採点。クラブ専門メディア『This is Anfield』では単独最高点の「9」をつけてマン・オブ・ザ・マッチに選出し、「レギュラー奪取へ何としてでも力を証明したい思いがゴールを祝う姿に表れていた。左サイドと中盤の2つのポジションでクオリティーを示し、見事な2ゴールでプレミアリーグでのチャンス獲得に向けてアピールした」と評している。

 試合後にはユルゲン・クロップ監督も南野を手放しで称賛。これまで出場機会がなかったのは代表チームでの負傷の影響でもあるとして、「怪我明けではあるが今のタキは本当に良い時期だ。しっかりトレーニングしており、2ゴールを挙げる資格があった」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top