アーセナル、冨安健洋が見せた課題とは?すでに不動の存在だが、トッテナムに狙われたのは…【分析コラム】

2021年09月27日(Mon)10時28分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

プレミアリーグ第6節、アーセナル対トッテナムが現地時間26日に行われ、3-1でホームチームが勝利している。アーセナルの冨安健洋はデビュー戦から3試合連続で先発に名を連ねた。チームは大一番で3-1と大勝を収めたが、自身のサイドから加入後初の失点を喫している。(文:安洋一郎)


勝負が決まった前半

20210926_tomiyasu_getty
【写真:Getty Images】

 「今日の試合は我々が力強いスタートを切った。特に前半のあの時間帯は、これまで見た中で最高の試合だった」

【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 勝利したアーセナルのミケル・アルテタ監督はカメラを前に満足気に「ノースロンドン・ダービー」を振り返った。

 一方で、敗れたトッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督は、「私たちはうまくスタートできず、試合をコントロールすることができなかった。特に前半は非常に悪かった」と、アルテタとは対象的なコメントを残した。

 開幕3連敗の後に2連勝と調子を上げているアーセナル。一方のトッテナムは開幕3連勝こそ飾ったが、直近2試合は続けて0-3の大敗と調子を落としている中での直接対決となった。日本代表DF冨安健洋はデビューから3試合連続でスタメン出場している。

 試合は序盤から誰も予想していなかった展開で進んだ。

 開幕5試合でわずか2ゴール、決定率はわずか2.8%と得点力不足に悩まされていたアーセナルが12分、27分、34分と立て続けにゴールを決めたのだ。

 ホームでの3点リードのアドバンテージは大きかった。トッテナムは後半開始と同時に2選手を入れ替えて修正を図ったが試合をひっくり返すことはできず。79分に1点を返したが、3-1でアーセナルが「ノースロンドン・ダービー」を制した。

 アルテタとヌーノの言葉通り、試合の勝敗は3ゴールが入った前半で決まっていた。

 なぜ、これまで得点力不足に悩まされていたアーセナルが前半だけで3ゴールを決めることができたのだろうか。

1 2 3

新着記事

↑top