セバスティアン・ハラー
【写真:Getty Images】



 アヤックスのコートジボワール代表FWセバスティアン・ハラーは、現地時間28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のベシクタシュ戦で1得点を挙げて2-0の勝利に貢献した。このゴールにより、大会史上初となる記録も達成している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 今年1月にアヤックスに加入したハラーは今季がCL初出場。15日に行われた第1節のスポルティングCPでは4得点と爆発し、オランダの伝説的ストライカーであるマルコ・ファン・バステン氏以来29年ぶりとなるCLデビュー戦での1試合4ゴールという偉業を成し遂げていた。

 さらにベシクタシュ戦でもチームの2点目となるゴールを挙げ、これで計5得点。英紙『ミラー』などが伝えるところによれば、CLデビューから2試合で5ゴールを挙げた選手は大会史上初となった。

 ファン・バステン氏は大会がCLと改称されて最初の試合で4ゴールを挙げたが、それが欧州の大会での最後のゴールとなった。その後はセリエAでもう1ゴールを挙げたのみで、負傷により早期の現役引退を余儀なくされてしまった。

 ハラーと同じコートジボワールのレジェンドであるディディエ・ドログバ氏も、マルセイユでCLデビューを飾った2003/04シーズンに2試合で4得点を挙げていた。現アトレティコ・マドリード監督のディエゴ・シメオネ氏も、アトレティコでCLに初めて出場した1996/97シーズンに2試合4得点という記録を残している。

 現ボルシア・ドルトムントのFWアーリング・ブラウト・ハーランドもザルツブルクでのCLデビューから2試合で4点を挙げ、上記3人の記録に並んでいた。だがハラーが彼らの記録を一気に塗り替えることになった。

【了】

新着記事

↑top