2003年にロマン・アブラモビッチがオーナーとなって以降、数々のタイトルを獲得しているチェルシー。ジョゼ・モウリーニョやカルロ・アンチェロッティ、アントニオ・コンテなど数々の名将が監督を務めた。直近のトーマス・トゥヘルが率いるチェルシーは、監督就任わずか半年でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制するなど圧倒的な強さを誇っている。今回、フットボールチャンネルでは21世紀にチェルシーで大活躍した11名の選手をピックアップ。クラブの歴史に名を刻んだ選手たちを紹介していく。(選手の成績は2021年10月4日現在)

GK紹介

20211005_cheh_getty
【写真:Getty Images】

ペトル・チェフ(元チェコ代表)
生年月日:1982年5月20日
在籍期間:04年夏~15年夏
クラブ通算成績:494試合0得点
代表通算成績:124試合0得点


【今シーズンのチェルシーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 プレミアリーグ記録となる202試合でクリーンシートを達成しているのがペトル・チェフだ。加入した2004/05シーズンから正GKに定着すると、神がかったセービングを連発。プレミアリーグ35試合で13失点という驚異的なスタッツを記録し、チームの半世紀ぶりとなるリーグ優勝に貢献した。

 2006年に頭蓋骨陥没骨折の選手生命を揺るがす大怪我を負うが、ヘッドギアを着用して翌年に復帰。PK戦までもつれた2011/12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝バイエルン戦では、2つのPKを止めてクラブ史上初のCL優勝のタイトルをもたらした。

 在籍した11シーズンで4度のプレミアリーグ優勝など合計15のタイトルを獲得したチェフ。現役引退後はチェルシーのテクニカルアドバイザーとして活動しており、新型コロナウイルスの予防措置としてプレミアリーグの登録メンバーに入ったことでも話題となった。

【次ページ】DF紹介

1 2 3 4 5

新着記事

↑top